コラーゲンと美容

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、人の体を構成する全タンパク質の、約30%を占めています。

体内コラーゲンのうち約4割は皮膚に、2割は骨や軟骨に存在しており、皮膚の弾力性や強度、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っています。

美容においては、皮膚のハリを保つ、お肌の保湿・潤い効果の高さなどが期待されます。

人の体のコラーゲン量は、20歳位をピークに徐々に減少していき、60代になると75%位にまで、減少してしまいます。

また、加齢とともにお肌のターンオーバーが滞って、それによりコラーゲンの量だけでなく質も悪くなり、弾力性が衰えお肌のたるみの原因になると言われています。

足りないモノ、劣化したモノを上手に補ってあげる、というスタイルで、ここでもやはり無理なく続けていくという意識、そして一つの成分にのみ頼るのではなく、バランスのいい食事をとるという意識を持つことが、大切だと思います。