プラセンタの歩み

プラセンタは、いつ頃から使用されていたのでしょうか?

プラセンタは古代ギリシャの時代に、”医学の父”と呼ばれていた医師、ヒポクラテスが治療に利用していたと伝えられています。

また、中国では秦の始皇帝の時代に、不老長寿の妙薬として珍重されていたそうです。唐の時代には、漢方医学書”本草拾遺”の中で紹介されていたり、明の時代には薬学著作”本草網目”の中で”紫河車”の名前で紹介されたりと、滋養強壮の漢方薬として用いられたことがわかっています。

あのクレオパトラやマリー・アントワネット等も、若返りや美容目的で、プラセンタを用いたと言われています。

近代ではハリウッドの有名女優、マリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンも、プラセンタを美容・健康目的で活用していたようです。

そして現代も女優・歌手をはじめ多くの著名人によって、やはり美容目的で当たり前の様に使用されているのは、よく知られていることです。

日本においては、江戸時代に加賀三大秘薬の一つとされた”混元丹”に、プラセンタが含まれていたとも言われています。

治療法としては、1930年代に胎盤を直接皮膚の中に埋め込むという、胎盤埋設療法という施術が行われるようになり、その後日本でもプラセンタの研究が始まり、現在のような製剤として使われるようになったのは、第二次世界大戦末期だそうです。

極度の食糧不足による妊産婦の母乳分泌不足と、次代を担う新生児の死亡率増加の対策として、この不思議な力を持つプラセンタに注目したそうです。

その後、胎盤からエキスを抽出して使用するという、現在のプラセンタ治療が確立されたということです。

最近では更に研究が進められ、健康食品・化粧品にも広く用いられていて、前述の通り人気を博しています。