海洋性・植物性のプラセンタ

哺乳類以外のプラセンタには、海洋性プラセンタや植物性プラセンタといったものがあります。

それぞれ、特徴を見てみましょう。

まずは海洋性プラセンタですが、これは魚類からできたプラセンタになります。元々プラセンタとは、胎盤のことでした。魚類は卵生なので、哺乳類のような胎盤がありません。つまり正確には、この海洋性プラセンタはプラセンタには属さないものと言えます。

海洋性プラセンタというのは、魚類の卵巣膜から抽出されたエキスになります。ですので、機能上は胎盤にかなり近いものと言え、胎盤と類似の栄養成分がたくさん含まれているのです。

特筆すべきは、9種類ある必須アミノ酸が全て含まれているのをはじめ、約30種類もの栄養成分を含み、中には哺乳類のプラセンタからは摂ることのできない成分もあり、美肌をめざす女性にとってとても魅力的なものと言えます。

お薦めのサイトを挙げておきますので、ご興味のある方は、

コチラからどうぞ → しっとりぷるるんの翌朝。1本に50,000mgのプラセンタ!

         → 超濃縮マリンプラセンタ50,000mg配合『プラセンリッチ』公式オンラインショップ

ただし、哺乳類プラセンタ特有の成分の成長因子が含まれていません。なので哺乳類のプラセンタとすべて同じような効果は期待し難く、あくまで別ものだと心得ましょう!

そして、植物性プラセンタ。植物にも魚類と同様に、やはり胎盤がありません。こちらも正確に言えば、プラセンタには属さないものになります。

植物性プラセンタは、植物の胎座と呼ばれる部分から抽出されたエキスになります。

胎座というのは発芽が起きる部分で、やはり胎盤と類似の栄養成分を持っているため、美肌効果に力を発揮し、化粧品などに植物性プラセンタが使われていることが多いです。

天然由来の化粧品と同様に安全性も高く、海外では非常に人気があるようです。

哺乳類プラセンタのような成長因子は含まれていないので、やはり別ものと捉えておくと良いでしょう。