プラセンタの種類見比べ

プラセンタは、一般的に哺乳類動物の胎盤から抽出されたエキスですが、どの動物
の胎盤から抽出するかにより、数種類に分かれます。

具体的には、人・豚・馬・羊といった哺乳類や、海洋性・植物性のプラセンタなど
があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずは人プラセンタ。人の胎盤から抽出されたエキスになります。人由来のものな
ので、一番からだになじみ易く、医薬品でもあることから安心して利用できます。
ただし、サプリメントや化粧品としては利用できないため、医療機関で注射などに
よって摂取する必要があります。美容目的で注射する場合、全額自己負担となるた
め、費用面から考えると少々敷居の高い選択といえます。

次は豚プラセンタ。豚は年に2回子どもを生むことや、一度に10頭前後も出産をす
ることから、そのぶん多くの胎盤を得られ、他の動物のプラセンタと比べて大量生
産が容易なため、価格も抑えることができます。人のからだとの相性も良く一定の
効果も期待できることから、現在出回っているプラセンタの中で、最も主流の種類
です。

3番目は馬プラセンタ。豚プラセンタの数百倍もアミノ酸が含まれていると言われ、このアミノ酸は美肌効果と深く関わるもので、とても人気の種類です。また、サラブレッドなどのしっかりした管理の下で育てられた馬が使われていて、品質面でも安全との評判です。ただし馬は年に1回、1頭ずつしか出産をしないため、豚プラセンタと比べて大量生産が難しく、価格が比較的高価なものになります。そのため高級なプラセンタサプリメントに使用されるのは、馬プラセンタのケースが多いようです。

そして最後に、羊プラセンタ。ヨーロッパをはじめ海外では、とても人気のある種
類です。羊プラセンタの一番の特徴としては、アミノ酸組成をはじめ、人のものと
似ているため、からだになじみ易く、より美肌効果が期待できます。以前は日本に
おいても、牛や羊のプラセンタが使われていましたが、狂牛病問題の発覚以降、牛
はもちろん羊の胎盤にも使用制限がかかってしまい、今ではあまり一般的ではあり
ません。

商品選びの時には、これら動物の種類に加え、プラセンタエキスの配合量にも注意
していきたいですね!

なお、哺乳類以外の海洋性や植物性のプラセンタについては、別の記事でご紹介さ
せていただこうと思います。